涙の卒業式スペシャル

ガンダムと俺

認めたくないものだな・・・
自分自身の、忙しさ故の更新途絶と言うものを・・・

こんばんわ、nazme03です。
行ってみたいなー、哀・地球博!

はい! つかみはオッケーと言うことで、今日は一週間ぶりの更新です。
この一週間、引越しでバタバタしてネットに繋ぐことがままならぬ状況でした。
かくも長き不在をお許しくださいm(_ _)m
ってか「哀・地球博」、googleでヒットしすぎ・・・

プレミアムバンダイ

さて、俺の大学では3/25に卒業式がありました。
その次の日にでもブログで報告しようと思っていたのですが、今日まで更新することができませんでした。
そこで! 今日はWEB上で卒業式を執り行いたいと思います!
たくさんの人が出席してくだされば幸いです。
それでは早速、式場の方に移動しましょう!

・・・ざわざわざわ・・・

司会「ゴホン。皆さん、静粛に。」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

司会「開式の辞。」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

副学長「みなさん、ついにBB58は大学院を卒業しました。
    ですが、そのためにブログの更新を犠牲にしなくてはならなかったBB58。
    その心境はいかばかりのものでしょう?
    ですが非情にも、このブログはまだまだ続くのです。
    そう、BB58が社会人になった後も・・・
    それでは! 平成16年度 「直撃を受けているのか!?」 ブログ内卒業式!
    レディー、ゴー!!」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

司会「卒業生答辞。
   卒業生代表、BB58!」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

俺「大学生、大学院生として過ごした6年間は、本当に素晴らしいものでした。
  私服で発表した国際学も!
  二週間で解雇された家庭教師のバイトも!
  研究室旅行で台風の直撃を受けたことも!
  スペイン旅行のために、彼女に18万円の借金をしたことも!
  今となってはいい思い出です。
  
  ブログを始めたことも、私にとって一つの転機となりました。
  このブログは、就職後ももちろん続けます。
  社会人になれば今以上に忙しくなるとは思いますが、
  週三回の更新を目安に頑張りたいです。
  以前、リクエストを受けておきながら3ヶ月くらい放置したことがありましたが、
  今後は有言実行を目標に、閲覧者の皆さんとの約束は守るようにしていきたいです。
  
  私はこのように、学生時代しかできない数々の貴重な体験をしてきました。
  しかし、学生の本分である学業の方は疎かになっていたと言わざるを得ません・・・
  試験は大抵が一夜漬けでしたし、レポートもインチキばかりしてました。

  所詮ワシはダメ大学院生よ。だがな、見てくれ!
  ワシの経歴は一回たりとも、留年も浪人もしてはおらん!」

後輩「ひっく・・・ひっく・・・。」
後輩「・・・分かっていた! ・・・分かっていたのに!
(在校生の席から、すすり泣く声、多数。)

司会「えー、会場中が涙に濡れているようですが・・・
   そのまま、呼びかけに移ります。」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

卒業生「直撃~ガンダム名セリフ講座~ は!」
在校生「王者のブログよ!」
卒業生「週三!」
在校生「更新!」
一同  「有言実行! 見よ! 直撃は、赤く燃えている!!」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

司会「学長祝辞。」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

学長「卒業生諸君!
   諸君は、学生時代と言う人生において最も甘美な時を失った。
   しかし、これは終わりを意味するのか?
   否、始まりなのだ!

   諸君の父も兄も、有意義な学生生活を送り、社会に巣立って行ったのだ。
   学生生活を通して学んだことも、師の恩も、忘れてはならない。
   諸君は今、学生時代に学んだことを結集し、社会に役立ててはじめて、
   真の勝利を得ることが出来る。
   卒業生よ起て!
   新生活に対する不安を期待に変えて、起てよ卒業生!

   社会は諸君らの力を必要としているのだ!」

一同「ジーク・ジオン! ジーク・ジオン! ジーク・ジオン!」

司会「静粛に! 皆さん、どうか静粛に!」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

司会「閉式の辞。」

・・・・・・・・
・・・・・・・・

学長「これをもって平成16年度「直撃を受けているのか!?」ブログ内卒業式を終了する。
   しかし、これは終わりを意味するのか? 否! 始まりな・・・
司会「辞めさせてもらうわ!」

~卒業式が終わり、夜が明けて、4/1の朝~
母親「起きなさい! 今日は入社式でしょ!」
俺 「ああ・・・うう・・・」
母親「早く起きないと遅刻するわよ!」
俺 「後5分・・・寝る・・・」
父親「急げ! お前だって社会人になったんだろうが!」
俺 「ひー!!」

プレミアムバンダイ

今日の元ネタ

認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちと言うものを。(シャア・アズナブル)

~ストーカー ナレーション~
みなさん、ついにデビルガンダムは倒されました。ですが、そのために兄キョウジとシュバルツ・ブルーダーの二人を犠牲にしなくてはならなかったドモン・カッシュ。その心境はいかばかりのものでしょう。ですが非情にもガンダムファイトはまだまだ続くのです。そう、東方不敗マスターアジアとドモン・カッシュの正真正銘の決戦として。それでは! ガンダムファイト最終決戦! レディーゴー!

所詮わしは大罪人よ。だがな、見てくれ! ワシの身体は一片たりともデビルガンダム細胞に犯されてはおらん!(マスター・アジア)
分かっていた! 分かっていたのに!(ドモン・カッシュ)

ドモン  「流派! 東方不敗は!」
マスター「王者の風よ!」
ドモン  「全新!」
マスター「系列!」
二人   「天破侠乱! 見よ! 東方は赤く燃えている!」

~ギレン演説より~
我々は一人の英雄を失った。これは敗北を意味するのか? 否! 始まりなのだ!
諸君の父も兄も、連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。この悲しみも怒りも忘れてはならない。
我々は今、この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。
国民よ立て! 悲しみを怒りに変えて、立てよ国民! ジオンは諸君等の力を欲しているのだ。

『機動戦士ガンダム』の演説に学ぶ人心掌握術

コメント

タイトルとURLをコピーしました