第13回『モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないことを教えてやる!(シャア・アズナブル)』の使い方を、赤いブロガーと呼ばれた私が徹底解説。

ガンダム名台詞講座
「教えてやんよ、この腐れガキャ!」

今回もシャアのセリフです。
これは、シャアが初めてガンダムを相手にした時に自信満々で言ったセリフです。実際は、予想以上のガンダムの性能に手こずり、
「連邦のモビルスーツは化け物か!?」
と言わされる羽目になってしまうわけですが・・・

プレミアムバンダイ

このセリフの使い方(初級編)

このセリフは、ハンデをはねのけて頑張る決意を表明する時に使うのがいいでしょう。

例えば、センター試験で大失敗してしまった時に・・・
「その点数じゃあ、第一志望は無理だって! 少しランク下げた学校を受験しなよ!」
「俺は二次試験で勝負するんだ! センター試験の得点の違いが、合格率の決定的差でないと言うことを教えてやる!

例えば、不相応な相手に恋してしまった時に・・・
「相手はスッチーだぜ! お前みたいな庶民は相手にされないって!」
「男はハートだ! 乗ってる車や年収の違いが、その男のモテ具合の決定的差でないと言うことを教えてやる!

使い所はなかなか難しいですが、決まればかなりかっこいいですよ!

直撃的 使い方

ところで、今日は「マッハ!!!!」と言う映画を見てきました。(※この記事のオリジナルは2004年に公開したものです。)
アクション純度100%を謳う、タイ発のムエタイアクション映画です。この映画には五つの「公約」があるのですが(上記リンク参照)、分かりやすく言うと、
CGやワイヤーアクションなどの特殊技術の違いが、アクション映画としての完成度の決定的差でないことを教えてやる!
と言うことです。
本当にすごいんです、アクションが!ジェット・リーがワイヤーを使ってやってたような飛び蹴りを普通に使うんです! 思わず、「圧倒的じゃないか!」と唸りたくなるほどの迫力!
え? ストーリーですか? あんな物は飾りです。

と言うわけで今日のしめは、「マッハ!!!!」のワンシーンをガンダムの名セリフを交えて伝えてみたいと思います。(八割くらい嘘です。)

大勢の敵が主人公ティンに次々と襲い掛かる。しかし皆、ティンの一発の攻撃で倒れていく。
一撃、一撃で撃破か・・・
遂に登場するムエタイの達人である刺青の男。激しいバトルが繰り広げられる。そして・・・
落ちろ、落ちろ、落ちろ!!(延髄に蹴り)
ここからいなくなれー!!(顔面に膝)

僕が一番、ムエタイを上手に使えるんだー!!(脳天に肘)
額から飛び散る鮮血、頭を割られて倒れる刺青の男。そして、戦いに勝利したティンは誇らしげに叫ぶのであった・・・

ガンダムファイト国際条約第一条!

 頭部を破壊された者は・・・失格!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました